八軒みどりの園とは

理念

人間として尊厳を持ち、安心、あったか、明るく元気に過ごせる環境を創ります

特徴

入所定員80名、全室個室の老健です。 特別養護老人施設の入所をお待ちの方も歓迎しております。

協力病院からの往診

より専門の医師による診察が可能です。 加療が必要な場合、適切な対応をいたします。

夜間の緊急対応

看護師が協力病院の医師に連絡を取り、 早急に対応しております。 ご希望の病院がありましたら、 そちらを優先します。

施設概要

名称医療法人社団ひこばえの会介護老人保健施設八軒みどりの園
電話011(728)1165
FAX011(728)1177
所在地〒063-0845
北海道札幌市西区八軒6条4丁目4-22
理事長西部 正泰
設立年月日平成21年11月
形態ユニット型介護老人保健施設
入所定員80名(10名×8ユニット)
建物構造鉄筋コンクリート造地上3階建地下1階
敷地面積1524.19㎡
建物面積2963.42㎡

法人沿革

2001年4月恵庭みどりのクリニック開設
医療法人社団ひこばえの会設立
2006年4月医療法人社団賢仁会今井記念病院と合併
今井記念病院を札幌さくら病院に名称変更
今井外科内科病院を札幌みどりのクリニックに名称変更
2008年4月札幌みどりのクリニックをリニューアルオープン
2009年11月介護老人保健施設 八軒みどりの園 開設 入所定員80名
2010年4月札幌さくら病院 移転新築 一般病床75床
札幌さくら病院 透析室運用開始
2011年1月恵庭みどりのクリニック 64列マルチスライスCT、高気圧酸素治療装置導入
  • 急性期病院と自宅療養の橋渡しをしています。
  • 介護老人保健施設と連携して、在宅医療移行のお手伝いをしています。
  • 外来、入院透析をおこなっています。
  • 下肢閉塞性動脈硬化症・下肢静脈瘤などの末梢血管疾患の 専門治療を行っています。
  • 長期療養患者様の受け入れをおこなっています。

血液透析と血液透析に関連する手術治療について

札幌さくら病院では血液透析装置を5台設置し、慢性腎不全に対する血液透析治療を行っております。
特に全身状態及びその他の理由で通院による血液透析が困難な患者様に対する入院透析に力を入れております。
また慢性透析の患者様の導入時の内シャント造設術及び維持透析中の患者様のシャントトラブル(シャント閉塞・シャント狭窄による透析維持困難)に対する血管内治療(バルーンPTAなど)・外科治療(シャント造設(自家静脈使用、人工血管使用)・血栓摘除・シャント形成など)を行っております。
なるべく迅速な対応を心がけておりますので、ご相談頂ければ幸いです。


TOPへ